メンヘラの徒事

メンタル弱めです。鬱な記事が多いと思います。読書記録としても利用します。

買い物をしていても心は暗い気持ち

今日は久しぶりに旦那と娘とショッピングに出かけた。主に旦那の服を選びに出かけた。私がフルコーディネートして旦那をカッコよくお洒落させる、とっても楽しい時間になるはずのショッピング。 なのにね、じわじわと心に靄がかった何かが涌き出てきて、この…

忘れていた事を思い出す

ふとした時に思い出してしまう。 突拍子もない行動をしてしまったこと、相手に失礼になることをして謝らずに関係を切ってしまったこと、イライラに任せて行動してしまったこと。 罰が欲しい。 その罰で無かったことになったらどんなに気が晴れるだろう。 ど…

メンクリで伝えることのメモ

①潔癖になったこと 人の体液が無理になった ・お鍋を友達と突きあえなくなった。旦那と子どものは大丈夫。 ・口紅の試供品に触れない。不快感が強い。 ・一口頂戴が許せない。小分けのものなら問題なし ・駅やデパートのトイレのウォシュレットが使えない。…

メンタルクリニックを予約した

産後のホルモンバランスの崩れの影響もあるのだろうけど、いい加減、幸せな思考で生きていきたいと思ったのでメンタルクリニックを予約した。 予約はしたけれど、だいぶ心を病んでいる方々が多いようで診てもらえるのは1ヶ月先…。気が変わったり鬱々な気持ち…

プチプラコスメに助けられて

今日もまた鬱蒼とした過去の辛い記憶に苛まれて、ほぼ半日を無駄にしてしまった。 どうにもこうにも気分が晴れないので、 食材を買うついでに薬局へ寄った。 秋の季節に合うアイシャドウパレットを一つ、購入した。値段は1,400円。 何かを買うと心が晴れるの…

フルーツバスケットを読んでいて心が辛くなっていく

フルーツバスケットってゆう有名な漫画を今読んでるんですけど、正直、心が辛くなります。 暴言を吐き、否定の言葉で私を罵った母親を今の私は許すことができない。漫画のように、優しく受け止めてくれる人がいるからといって、心の傷は癒える訳じゃないし、…

読書記録『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』

働きたくない願望が強いので、 株の投資を始めようと思って勉強のためにと題名だけで買ってしまった本。 サラリーマンや自営業の人たちを不安で煽るだけの内容で正直参考にならなかった。 参考にならなかっただけでなく、不快感も覚える本だった。 まず、会…

マニキュアを一つ

心が塞ぎ込んで辛くて できれば一日中家にいたかったんだけど、 キッチンペーパーを切らしてフライパンを軽く拭いて次の料理炒めるってゆうのができなくてイライラして薬局へ行った。 キッチンペーパーだけ買うつもりだったけれど、気分転換に化粧品コーナー…

土日が待ち遠しい

育休で子育てをしていると、今までの外界との関わりが格段に減り、気がおかしくなるほど自分の思考の中にこもるようになってしまった。 そしてもうすぐ旦那が休みの日曜日がもう終わってしまう。 土日は旦那と会話する事で、気が滅入っていたのが嘘のように…

音楽をかけてます

乳幼児がいると家にこもりがちで、だからといって散歩に出ても人との会話もないので日々悶々と心が沈んで鬱っぽさに引っ張られて抜け出せなくなるってゆうのを先月経験しました。 この状態は本当に辛かったですね。完全なる鬱状態でした。(症状→眠れない、…

過食からの解放

中学生の頃から子どもを妊娠するまで、 毎日一度は吐きそうなくらいまで食べないと気がすまなかった。 若さのせいか食べても太らなかったので、食べたいだけ食べるちょっと大食いなだけかと思っていたのだけれど、 今、普通の人並みの食事量で事足りるように…

「今日何もしてない」感

今日は子どもの学習教材用のCDをiPodに写す作業をした。 20枚近くあったのと、教材だからCDにアルバム名等が割り振られておらず直接打ち込んで保存しなくてはいけなかったりと割と地味な作業だった。気がつくと一日があっと言う間に終わっていた。 「まぁ、…

読書記録『サーカスの夜に』小川糸著

【『サーカスの夜に』を読んで】 頼りなげだった主人公の「僕」が自らの手で人生を切り開いていく、言わば私の苦手なサスセスストーリーのはずが、この作品では夜空の星から言葉がこぼれる、絵本のような物語が紡がれていてとっても心地よい気持ちになった。…

気分転換のはずが。。。

子どもを産んでから今まで家にこもりがちだったので、夏休みで東京へ遊びに来ている甥っ子たちと実家へ集まった。 実家へ行くのは極力避けたかったのだけれど、赤ちゃんやちびっ子たちが気兼ねなくいられる場所は実家しかないので仕方なく。。 やっぱり実母…

自分へのお金と時間のかけ方

私は今までお洒落や娯楽へお金や時間を使わずに生きてきた。多少可愛いなと思う服やアクセサリーがあれば時々購入したりもするけれど、なかなか積極的にはなれなかった。 それはかなり異常なレベルに達していて、既にアラサーなのに中学生の頃に買った洋服を…

運動が必須

心が塞ぎ込んで辛い日々。 やっと落ち着いてきたけれど、いつまた不安定になるか分からず辛い。 運動することは鬱な思考をストップさせてくれる有効な手段ではあるけれど、それはイコール運動しなければ嫌な感情に支配されてしまうことなので根本的な解決な…

穏やかな家族

旦那の家族と過ごしていると、肉親間でのケンカがなく、とっても穏やかに時が流れる。 罵ることもなく、叫び声も怒号もない日々は、恐怖心を育てることもなく安定した心をもたらしてくれる。 相手を思いやる温かな空気に包まれているのは物にもあふれていて…

失敗との向き合い方が分らない

今、充分幸せなはずなのに、些細な辛い過去を思い出してしまう。悪い癖。 言ってしまった言葉やしてしまった行動は変えられないし、誰も私の過ちをそこまで気にしているとも思えないし、今後その人達と関わることはないのにいつまでもいつまでも気にしてしま…

趣味を楽しみたい

中学生の頃から、部活をやる意味が分からなかった。 バスケ部だったのだけれど、どんなに練習してもオリンピック選手になれないし、成果として名を残せるものでなければ何も意味がないように思っていた。 それは今もそうで、何か趣味や習い事に時間を割いて…

完璧主義なの?

先日、旦那から完璧主義だねと指摘された。 大学生の時も、当時付き合っていた彼氏からも同じ事を言われていた。(この時は完全に聞き流しました。。。) 部屋は散らかってるし、遅刻魔だし、大雑把な性格だと思っていたからそんな訳ないと思いたのだけど、…

【読書記録】ケモノの城 著者:誉田哲也

情景を想像する上で淡々としたタッチは読みやすく、想像であるのに事件模様が脳裏から離れないような衝撃を受けた。 この小説は北九州市で起きた監禁殺害事件をモデルとしているが、マインド・コントロールをされた惨劇が現実世界で起きている事が恐ろしい。…

矛先の先っぽの痛み

「お金がない」 「勉強しなさい」 「いい加減にしろ」 1億円近くする土地と建物を手に入れても、 お金が常になかった我が家。 子どもの習い事ばかりにお金をかけ、 思い通りにならなければ暴言暴力。 父がアルコール依存症をいいことに、自身の受けるストレ…

母親にされて辛かったことを上げていく

今後の子育てに役立つ事を願い、母親にされて辛かった記憶を振り返ってみようと思う。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ①「ダメな子」意識 運動会やお遊戯会といったイベントが幼稚園で催されるが、前日頃から風邪をひき、当日欠席するような子どもだった私。看…

【読書記録】虚ろな十字架 著者:東野圭吾

私が子どもを産んだばかりだからか、子どもを殺された小夜子と中原の心境は生々しく痛ましかった。 子どもの成長をそばで感じる、幸せな日常のかけがえのなさを痛感した。幼い子どもを殺す痛ましい事件が最近でも起きてしまった事は絶対に許されるべき事では…

実家の猫(2)

『実家の猫』の続きです↓↓ やんちゃなお年頃の愛猫は、毛が長くお手入れが必要で、つんつんしているプライド高めなお姫様猫。言うことなんて聞かないことがほとんど。まあ、猫だからね。そこが可愛いんですよ。そんな愛猫のことを母親は処分しようとしていま…

実家の猫(1)

今日は子どもを旦那に任せ、久々に実家で飼っている愛犬と愛猫に会いに行きました。愛犬は御年14歳。耳も目も悪くなっていて、私が近付くまで誰だか識別できなかったのはとても辛かった。。去年は遠くに私がいても、しっぽふっていたのに。加速する老化。も…

ブログ始めました

頭の中の整理と語彙力強化のために、社畜OL(現在育休中)な私の日常を書いていこうと思います。具体的には、幼少期の父:アル中&母:ヒステリーな家庭環境で培われたメンタルの弱さによる現在進行形の悩みや、子育てのあれこれ、会社運のない社畜生活の様子…